脳と音楽の関係
ハンドパン

音楽療法は記憶の扉を開けるカギ。

音楽にあるのは「効果」ではなく「可能性」。

不安

音楽鑑賞は抗不安薬を服用するよりも不安を軽減し、未熟児にも有益な効果があることが判明した。

社会関係

同じ音楽を異なる人が聴いても、似たような脳活動を経験します。これは、音楽が人を結びつける理由になるかもしれない。

気分を改善する

音楽は、気分をよくし、期待を生む化学物質のドーパミンを放出する脳の一部である側坐核の活動を引き起こします。

脳と音楽の関係

近年、医療における音楽療法の効果がさまざまな研究結果から明らかになっています。中でも注目を集めているのが、「全人的ケア」の一環としての音楽療法の効果です。全人的ケアとは「ホリスティックケア」とも呼ばれています。

音楽療法は記憶の扉を開けるカギ。近年、脳スキャンによって音楽と脳の関係が少しずつ明らかになってきました。中でも重要な発見が、「音楽は脳のさまざまな部分に働きかける」ということです。だからこそ、失語症で言葉が話せない人が歌を歌えたり、脳外傷のある人が、音楽療法によって話ができるようになったりするのです。また、アルツハイマー型認知症で脳にダメージがあっても、馴染みのある音楽を認識する部分は、比較的その影響を受けていないことも分かっています。末期の認知症の人でも同じように、馴染み深い曲や歴史的な出来事と関係するような音楽に大きく反応を示す場合もあります。

音楽療法が認知症の治療に効果的であることは、さまざまな研究結果から分かっています。具体的には、下記の効果があげられます。

・うつ状態を軽減する

・言語力や記憶力の改善をサポートする

・社会性を高める

・攻撃的な行動を軽減させる

・身体の痛みをやわらげる

音楽療法のセッションを通じて、少しのあいだでも、本来の家族の関係を取り戻すことができます。それがご家族の心のケアにもつながるのです。癒しの音楽は、ストレスを軽減し、そのときにストレスホルモンのコルチゾールの値が下がります。音楽を聴いて気分が良くなると、生理学的な変化が起こり、ストレスの軽減や免疫力アップにつながる。音楽は、気分をよくし、期待を生む化学物質のドーパミンを放出する脳の一部である側坐核の活動を引き起こします。脳は、パターン認識と予測、人の進化の過程で重要だったと思われるスキルを使って、さまざまな音楽がどのように展開するかを予測する方法を学習する。同じ音楽を異なる人が聴いても、似たような脳活動を経験します。これは、音楽が人を結びつける理由になるかもしれない。音楽鑑賞は抗不安薬を服用するよりも不安を軽減し、未熟児にも有益な効果があることが判明した。

変更を行う準備ができましたか?

音楽療法のセッションを通じて、少しのあいだでも、本来の家族の関係を取り戻すことができます。それがご家族の心のケアにもつながるのです。

10日間限定!プロモーションコード支払いですべての商品が8%OFF! 2018年10月21日・31日の10日間限定! 🔴 SUPER8%OFF 🔴 Dismiss