音楽療法

脳と音楽の関係

音楽療法は記憶の扉を開けるカギ。

音楽にあるのは効果ではなく可能性。

安心と愛情たっぷりのハンドパンを。

みんなハンドパンをプレイすることができます。

音楽は普遍的な言語です。

不安

音楽鑑賞は抗不安薬を服用するよりも不安を軽減し、未熟児にも有益な効果があることが判明した。

社会関係

同じ音楽を異なる人が聴いても、似たような脳活動を経験します。これは、音楽が人を結びつける理由になるかもしれない。

気分を改善する

音楽は、気分をよくし、期待を生む化学物質のドーパミンを放出する脳の一部である側坐核の活動を引き起こします。
天神での音楽療法セッション。
博多での音楽療法セッション。

音楽療法

音楽の治療効果は人類の歴史で長く知られていますが、より多くの証拠が必要でした。 医療画像技術の進歩のおかげで、科学者は現在、脳に対する音楽療法の効果を証明することができます。

音楽療法は、多くの病状や問題に対して有効であることが証明された補完療法です。音楽療法は治癒的ではなく、一部の補完療法のように、それは深刻な病気の治療法としては推奨されませんが、すべての優れた補完医学と同様です。 音楽療法は、気分と生活の質を改善し、症状を軽減し、最初の治療とリハビリを改善します。音楽を聴くと、脳にドーパミンが放出されます。脳を何度も調査した結果、音楽的な感情の脳領域は他の感情の領域と区別されないことがわかりました。感じられた喜びは、報酬回路におけるドーパミンの分泌に由来します。ドーパミンは、喜びとやる気の神経伝達物質です。たとえば、食事中に分泌されるのと同じですが、薬物の影響下や性交時にも分泌されます。

ハンドパンは音楽療法に適しています。 ハンドパンは直感的に弾ける楽器です。 赤ちゃんもお年寄りも安心・安全に「簡単」に遊べます。※ ハンドパンはスチール製で、簡単に消毒できます。

脳と音楽の関係

近年、医療における音楽療法の効果がさまざまな研究結果から明らかになっています。中でも注目を集めているのが、「全人的ケア」の一環としての音楽療法の効果です。全人的ケアとは「ホリスティックケア」とも呼ばれています。

音楽療法は記憶の扉を開けるカギ。近年、脳スキャンによって音楽と脳の関係が少しずつ明らかになってきました。中でも重要な発見が、「音楽は脳のさまざまな部分に働きかける」ということです。だからこそ、失語症で言葉が話せない人が歌を歌えたり、脳外傷のある人が、音楽療法によって話ができるようになったりするのです。また、アルツハイマー型認知症で脳にダメージがあっても、馴染みのある音楽を認識する部分は、比較的その影響を受けていないことも分かっています。末期の認知症の人でも同じように、馴染み深い曲や歴史的な出来事と関係するような音楽に大きく反応を示す場合もあります。

ジャーナルFrontiers in Psychologyに2019年に発表された研究では、研究者たちは患者とセラピストの脳が音楽療法セッション中に同期することを示すことができました。この突破口は、患者とセラピストの間の将来の相互作用を改善するかもしれません。

Handpan Japan Shop
音楽療法が認知症の治療に効果的であることは、さまざまな研究結果から分かっています。具体的には、下記の効果があげられます。

・うつ状態を軽減する

・言語力や記憶力の改善をサポートする

・社会性を高める

・攻撃的な行動を軽減させる

・身体の痛みをやわらげる

音楽療法のセッションを通じて、少しのあいだでも、本来の家族の関係を取り戻すことができます。それがご家族の心のケアにもつながるのです。癒しの音楽は、ストレスを軽減し、そのときにストレスホルモンのコルチゾールの値が下がります。音楽を聴いて気分が良くなると、生理学的な変化が起こり、ストレスの軽減や免疫力アップにつながる。音楽は、気分をよくし、期待を生む化学物質のドーパミンを放出する脳の一部である側坐核の活動を引き起こします。脳は、パターン認識と予測、人の進化の過程で重要だったと思われるスキルを使って、さまざまな音楽がどのように展開するかを予測する方法を学習する。同じ音楽を異なる人が聴いても、似たような脳活動を経験します。これは、音楽が人を結びつける理由になるかもしれない。音楽鑑賞は抗不安薬を服用するよりも不安を軽減し、未熟児にも有益な効果があることが判明した。
福津市での音楽療法セッション。
博多での音楽療法セッション。

音楽療法とは

音楽療法というのは、簡単に言えば音楽を使った療法のことを言います。言葉の通りなのですが、音楽を活用することによって人間の健康を促進しようとする療法のことです。誰もが、好きな音楽に出会った時、心が豊かになります。それを医学の視点から取り入れたのが音楽療法です。例えば、落ち込んでいる時には悲しい音楽を聞くことで癒される方もいますし、楽しい時には盛り上がる音楽を聞くことでさらに楽しくなれますよね。それを活用すれば、心身ともに健康で、なおかつ活き活きとした生活を送ることができると考えられているのです。 実際に音楽は人間の心を左右するし、それが身体に与える影響も大きいです。音楽療法はまだまだ未開拓領域の医療ですが、近年では活用されているところも多いです。今後は病院でも心地良い音楽が流れ、診察中や手術中にも音楽が活用されるかもしれません。もちろん、そういうサブでの利用ではなく、音楽を聞くたり弾いたり歌ったりするなど、メインにした療法としても活用されると考えられています。そういう意味では、今後さらに注目を集めていくのが、この手の音楽療法だと言えるのではないでしょうか。興味がある方は、より調べて知識を深めてみてはいかがでしょう。

音楽療法の効果

音楽療法という言葉を聞いたことがあるでしょうか。音楽を演奏したり聞いたりすることで、心身ともに健康を促進する療法のことを言います。身心の健康というのは、実は音楽ととても深く関係しています。生理的・心理的・社会的な効果を持っていると言われており、活用する状況によってこの療法の効果は大きく違ってきます。近年でも音楽療法は根拠のあるものとして活用され、実際に歌唱や演奏、視聴によって効果をもたらすとされているのです。最近では認知症などにも効果的と言われており、自分が若かった頃の音楽を聞くことで脳が活性化させるとも研究発表されています。実際に音楽が持つ力は、まだまだわからないことも多いです。 しかし、人間が古くから音楽と関わってきて、それがある生活が一般化されています。それが心の状態や身体の状態に大きく影響するということは、当然とも言えるのかもしれません。そいう音楽を取り入れ、生活の質を向上させることを総じて音楽療法と言うのです。 専門の機関で受けることはもちろん、自宅で独自の音楽療法を実践している人もいます。国や自治体でもおすすめしているものがあり、近年はさらにこの音楽療法が注目されているのです。

音楽療法は、音楽と音の臨床使用です。音楽療法は、治療的関係の中で個別化された目標を達成するための音楽的介入の証拠に基づいています。

音楽は、リラクゼーションと刺激という自己表現の2つの側面で使用できるこの並外れた能力を持つツールです。このように、音楽は、ケアの側面、より広くは幸福の側面にすべての関心を持っています。しかし、病院を超えて、専門家はそれが患者の家にも統合されるべきであることを示します。

音楽療法とうつ病

WHOによれば、「2億6400万人に影響を与えるうつ病は障害の主な原因です」。

現在、うつ病の治療法は数多くありますが、深刻な結果をもたらすか、一部の患者では長期的に機能しない可能性があります。したがって、研究者たちは、特に自殺につながる可能性があるこの世界的な惨劇に対処する新しい方法を見つけるために、できるだけ多くのデータを提供しようとしています。

ジャーナル 「The Cochrane Library」 に掲載された2017年の研究によると、セラピストは音楽を使用してうつ病と闘い、健康と自己表現を改善、回復、維持するのを助けることができます。

電話によるストレスに対するハンドパンによる音楽療法

私たちの電話からの通知は、ストレスを恐れる記憶経路を作成することにより、脳をほぼ一定のストレスと恐怖の状態に訓練します。着信音が聞こえたり、私たちに関係のない通知が表示されたりすると、この通知の送信元から「報われる」ことを期待しているため、脳に矛盾が生じます。この紛争は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。ハンドパンを使った音楽療法の練習のおかげで、あなたのストレスを解放することができます。癒しの音楽は、ストレスを軽減し、そのときにストレスホルモンのコルチゾールの値が下がります。

病院では音楽療法はどのように利用されていますか?

音楽は一般的な病院で次の目的で使用されます。麻酔または鎮痛薬と組み合わせて痛みを緩和します。患者の気分を高め、うつ病に対抗します。身体リハビリのための運動を促進する;多くの場合、睡眠を誘発するために、穏やかまたは落ち着きます。不安や恐怖を打ち消す; 自律神経系を含むリラクゼーションを目的とした筋肉の緊張を和らげます。

老人ホームでは音楽療法はどのように利用されていますか?

音楽は、身体的、精神的、社会的/感情的な機能のレベルを高めたり維持したりするために高齢者とともに使用されます。音楽の感覚的および知的刺激は、人の生活の質を維持するのに役立ちます。

音楽療法は学校でどのように利用されていますか?

音楽療法士は、主流の特別学習者のために個別教育計画に記載されている音楽療法サービスを提供するために学校に雇われることがよくあります。音楽学習は、コミュニケーションスキルや日常生活に重要な身体的協調スキルなどの非音楽的な領域を強化するために使用されます。

音楽療法は精神科施設でどのように利用されていますか?

音楽療法により、メンタルヘルスの必要な人は、個人的な感情を探求し、気分や感情の状態に前向きな変化をもたらし、成功体験を通じて人生をコントロールし、問題解決を実践し、対立を解決して家族や仲間との関係を強化することができます。

音楽療法の未来は何ですか?

身体リハビリテーション、アルツハイマー病、および精神神経免疫学における最先端の音楽療法の研究は、生物学的医学モデルの文脈において重要な用語で音楽療法の有効性を文書化しているため、音楽療法の将来は有望です。

音楽療法で最も一般的なタイプの音楽は何ですか?

音楽療法士は治療ツールとして音楽を利用します。ジャンルと楽器の種類は、個人とクライアントと音楽療法士の間で確立された目標に合わせて調整されます。音楽の選択/使用法は各クライアントのニーズと好みに合わせて調整されているため、実際には「最も一般的な」タイプの音楽や楽器はありません。すべてのスタイルの音楽は、クライアントや患者の生活に変化をもたらすのに役立つ可能性があります。個人の好み、状況、治療の必要性、確立された目標は、訓練を受けた音楽療法士がどの音楽を使用するかを決定するのに役立ちます。ハンドパンは音楽療法に適しています。ハンドパンは、赤ちゃんやお年寄りが安心して使える直感的な楽器です。ハンドパンは創造性を刺激します。ハンドパンは他のクラシック楽器とは異なります。

© Handpan Japan LLC. All Rights Reserved.

参考文献

変更を行う準備ができましたか?

音楽療法のセッションを通じて、少しのあいだでも、本来の家族の関係を取り戻すことができます。それがご家族の心のケアにもつながるのです。