ハンドパン

ハンドパンは楽器の一つである。鉄を主成分とする金属製の体鳴楽器であり、2000年にスイスのPanArt社が開発したハング(Hang)および、それに似た形状に作られた楽器の一群の総称である。

批評家の間で名称についての議論が積み重ねられてきた一方で、愛好家たちはこの新しい楽器の一群を指す一般的な名称が必要であると感じ続けていた。

ハングドラム、パンタム、パンドラムなどそれぞれ様々な呼ばれ方がされる中で、英語圏でハンドパンという名称が『手で演奏するスチールパン』と言う意味合いとして直観的に理解され、人々から支持され慣習表現として用いられるようになってきた経緯がある。

ハンドパン スペースドラム 「handpan Spacedrum®」はフランスのメタルサウンド社とグランゼコール(フランスの高等教育機関)のエンジニアとのコラボによって生まれました。腐食を防ぐ特殊なステンレス合金製で高温多湿といった過酷な環境でも錆の心配をする必要がありません。

一般的な鉄よりも固いため頻繁にチューニングする必要は無く、美しいハーモニーを奏で続けます。その音色、持続性、音量。「存在感」のある音が魅力です。

Showing 1–9 of 17 results

「色の日」 お得がいっぱい34日間限定!プロモーションコード支払いですべて「ハンドパン」の商品が2万円OFF!2018年11月27日から12月31日まで! 🔴 COLORDAYS 🔴 Dismiss