ビデオ • ハンドパン

Handpan Videos

ハンドパン(handpan)は鉄を主成分とする金属製の体鳴楽器である。素手(ハンド)で叩いて演奏するスティールパン(パン)というのが由来で、2000年にスイスのPanArt®社が開発したハング(Hang®)および、それに似た形状に作られた楽器の一群の総称である。

Handpan」は「Pantam」(パンタム)または「Cupola」(キューポラ)とも呼ばれます。 しかし、これらの名前はまれです。

2000年頃、スイスのスティールパン工房であったPANArt®が、スティールパンから発展させた楽器Hangを発表した。素手でたたけるスティールパンとして、アジアや中東圏の打楽器の特徴をも兼ね備えたこの楽器は、欧米を中心にすぐに人気が広まった。一方で、当初はその製法や入手方法についてはベールに包まれ、Hang®はその神秘性を増していった。

2006年に放送されたPANArtへのテレビ取材でその製法の一部が露呈すると、以降、世界中でHangを模倣した、あるいはインスピレーションを受けた新しい楽器が作られ始めるようになる。

2007年秋、アメリカのPantheon Steel®社がHang®の代替品としてのHaloをウェブ上で発表した。その後英語圏でハンドパンと言う言葉が産まれ、最初期(~2009年辺り)の4メーカーの製品、すなわちAfroton®のCaisa,BellArt®のBells, Pantheon Stell®のHalo,Metal Sounds®のSpacedrumらを指す様になる。

2009年にはフォーラムサイトhandpan.orgが現れ、ハンドパンの名称がその定義とともに定着していく。

今日では欧米を中心とした世界中に多くのメーカーが産まれ、各々が材料、製造技術、形状、音に工夫を凝らし、そのバリエーションを広げている。

Handpan in the world

ハンドパンは、トリニダードスティールドラムとハンドパンファミリーに属しています: Acero Harmonic Handpans®, Aciel Handpan®, Aura Pan®, Ayaza Handpan®, Bali Steelpan®, Baur & Brown Handpans®, Bellart®, db HandPans®, Hang® PanArt®, Pantheonsteel – Halo®, Shellopan®, Sew Handpan®, Spacedrum®, Sonobe HandPans®, SPB Pantam®, Zen HandPan®, Zephyr Handpans®, Ziva Handpan®,….